ニュース

NEWS

映画『愛国女子―紅武士道』予告編解禁!

2022年2月18日(金)に公開を控えている映画『愛国女子―紅武士道』の予告編が解禁となりました。


解禁した予告編は、本作の主人公・大和静(千眼美子)が大和一心館道場にて「今の日本では大和魂は死んでしまったに等しい」と語るところから始まります。
道場の掛け軸としても掲げられている『一日一生』という言葉。意味としては、「今日命があった事を天に感謝せよ。そして、日々、今日で命が終わると思え」と映像では語られています。
これこそが、本作で重要なキーワードとなる「‟武士道”の精神」です。

映像は進み、ソドラ共和国が日本に対し、弾道ミサイル実験を画策していることを知ります。政府は緊急会議を招集し、テレビのニュース映像でも「2月下旬ソドラ共和国‟弾道ミサイル発射”通告」という文字が流れるなど、滅亡へのカウントダウンが刻一刻と動き出していました。
この国に残された時間は、僅か。各方面でこの危機対策に臨む中、「日本救済会議」事務局長の高山悟志(田中宏明)が、この事態を操っている黒幕が霊界にいる事を突き止めます。
高山は静に「あなたなら、この国を守れる」と力強い言葉をかけ、「それが私の使命なら……」と応える静。
静、高山を含めた5人の男女が、現実世界と霊界の二手からこの日本の危機に立ち向かう!静たちに待ち構える数々の脅威、日本の未来を懸けて戦う彼女らの運命やいかに!大迫力のCG演出、壮絶な殺陣のシーンなど、一瞬たりとも目が離せない期待感高まる予告編が解禁となりました!

公開をお楽しみに!

映画『愛国女子―紅武士道』2022年2月18日(金)ロードショー!